プロフィールはこちら

Huluで動画がダウンロードができるように!3つの注意点。

未分類
この記事は約4分で読めます。

ドラマや映画はお好きですか?
私は映画館ではあまり見るほうではないのですが、ドラマを見ることが大好きです。

ドラマなら恋愛ドラマやサスペンスものなど、映画ならアニメの作品など、一年間を通したら結構な本数の物語を見ていると思います。

最近のドラマや映画も昔からある物同様よく作り込まれているため感情移入して見ることができますよね。

そして、物語を見る人が世には沢山いるため数々の動画サイトが今は普及されています。

しかしそういった動画を見るには多くの通信量がかかってしまいます。
家にWi-Fiがあっても、外出先でのちょっとした時間を使って見たいなぁ…という場合は動画をダウンロードして見ることになります。

そこで本日はHuluのダウンロードについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

Huluとは

出典:Hulu

まず、Huluについてご説明します。
Huluとは50000本以上のドラマや映画バラエティー、アニメ、スポーツなどを楽しめるオンライン動画配信サービスです。
アメリカカリフォルニア州のロサンゼルスに本拠点を置くそうです。
設立は2007年。アメリカなどだと動画配信サービス全体でYouTubeを次ぐ2位の人気だそうです。その知名度といったら凄いですよね…!
日本でもCMなどでその広告をよく見かけます。
人気のある今ノリに乗っている動画サイトだと思います。

会員費用はかかるのか?

出典:Hulu

こちらは月額税抜933円です。その他には一切かかりません。税込み1007円で動画見放題というありがたいシステムです。
そして無料トライアルが2週間ほどあるので自分に合うかどうかを試して見ることができます。
合わなかったり見たいものがないなと感じたらトライアル中にやめれば登録料金はかからないためオススメです。2週間後には登録料金をとられるようになりますので気を付けましょう。

見たいものがある、自分とあっていると感じた場合はそのまま利用しちゃいましょう!

Huluのダウンロード対応

さて、Huluのご紹介ができたところで本題に入ります。

実はHuluついこの間までオフライン視聴のためのダウンロード対応がなかったそうなのですが、
待ちに待った2018の7月にダウンロード可能になりました。他の動画サイトへの仲間入りです!

今は多くの動画サイトがダウンロード保存をしてオンラインに繋がなくてもオフライン視聴ができるようになっています。
家などのWi-Fi環境で動画をダウンロードしておき、外出先ではオフラインで見ればパケット通信量を抑える事ができます。
便利な世の中になりましたよね!映画鑑賞などが好きな人や忙しくてツタヤなどへ出向けない人でも気になる作品をスマホやタブレットなどで手軽に見ることが出来てしまいます。

ダウンロード機能が追加されたのはios版バージョンアプリでありアップデートされた事でダウンロード機能が追加されたそうです。

ただ、いくらか制限などもあり、すべての作品がダウンロードできるようになった訳ではないようです。

ではどういった制限があるのでしょうか。3つの注意点!

  1. まず、先ほど言ったようにすべての作品がダウンロードできる訳ではないようです。
    放送会社の方で禁止されているものはどこでもダウンロードはできませんよね。
  2. 1アカウントにつき最大25本までのダウンロードとなっています。会員費用が安い分やはりその辺の制限が出てくるのは仕方ないのかもしれませんね。
  3. 保存時間が48時間の制限時間がある。
    約2日間の保存期間が終了すると画像から見ることができなくなるようです。

見れなくなったものはリストから削除して新たにお気に入りの動画をダウンロードしましょう!

ダウンロードの仕方

作品の画質は3段階から選択でき、「最高画質」「高画質」「標準画質」の中から選択することとなります。
Huluのおすすめは高画質だそうです。

一時間あたりの目安は

  • 最高画質(0.9GB)
  • 高画質(0.68GB)
  • 標準画質(0.21GB)

ダウンロードをするには、作品名の右側にでているダウンロードボタンを押してダウンロードすることとなります。

ダウンロードの途中キャンセル可能なので途中でやっぱりやめておこうかなと思った場合は取り消しもできるので、便利です。

最後に

Huluは今とても魅力的な動画サイトが溢れている中でも特に有名な動画サイトです。
今まで出来なかった事ができるようになり、便利になっていくことで更に使用者が増えていくでしょう。

まだダウンロード対応されていないデバイスもそのうち対応されていくと思います。

ぜひ、機会があれば試してみてください!

コメント