プロフィールはこちら

iPhone 8 (PRODUCT)RED を入手!開封しながら徹底レビュー!

ガジェット
この記事は約5分で読めます。

2018年4月13日にiPhone 8iPhone8 Plusの新色、「(PRODUCT)RED Special Edition」が発売されました!(ドコモでは14日より発売)
今回は、発売日にiPhone 8の「(PRODUCT)RED Special Edition」を入手した筆者がその詳細を開封しながら徹底レビューします!

スポンサーリンク

(PRODUCT)REDとは

そもそも、「(PRODUCT)RED」とは一体なんでしょうか。

(PRODUCT)RED」とは、様々な企業が「(PRODUCT)RED」の共通ブランドを掲げた商品を販売することでその収益の一部を世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)のHIV/AIDS助成金に寄付するプログラムのことです。

これまでにコカ・コーラやスターバックスなどがこのプログラムに参加しており、Appleも2006年からパートナー企業として名を連ねています。
Appleでは過去11年間に1億6000万ドル以上の寄付をしているということです。

これまでのApple製品の(PRODUCT)REDは?

Apple Watchのルビー(PRODUCT)REDクラシックバックル

 

Appleではこれまで「(PRODUCT)RED」のブランドを掲げた赤色の製品を発売してきました。通常のラインアップ(カラーバリエーション)に加えて、赤色のバリエーションが発売されています。

最初のApple製品での「(PRODUCT)RED Special Editionの展開は、第2世代iPod nanoでした。同じ年に発売されたiPod nanoのカラーバリエーションに追加される形で発売されました。

その後、iPodシリーズのほか、iPad用カバーやiPhone用ケース、Apple Watch用バンド、ヘッドフォンなど周辺アクセサリーでも「(PRODUCT)RED Special Editionが発売されてきました。

iPhoneで2回目の(PRODUCT)RED

 

しかしながら、iPhoneでは一貫して「(PRODUCT)RED Special Editionは発売されてきませんでした。

そんな中、突如として2017年3月にiPhone 7・iPhone 7 Plusの「(PRODUCT)RED Special Edition」が発表・発売されました。iPhone 7・iPhone 7 Plus自体は2016年9月に発表・発売されていましたので、その半年後にカラーバリエーションが追加された形です。

そして、2018年4月、iPhoneの「(PRODUCT)RED Special Edition」としては2回目となる、iPhone 8iPhone8 Plusの「(PRODUCT)RED Special Edition」が発表・発売されました!

iPhone 8 (PRODUCT)RED Special Edition

それでは、発売されたiPhone8 (PRODUCT)RED Special Editionを開封して、
画像を交えて見ていきましょう!

 

パッケージを上から見たところです。(PRODUCT)RED Special Editionであることが一目で分かるデザインです。

 

パッケージの「iPhone」の文字は赤色です。

お馴染みのロゴマークも赤色になっています。

 

それでは、開封していきましょう!

開封すると、中には、お馴染みのiPhoneのスタートガイドと共に、「(PRODUCT)RED」について解説された紙が入っていました。ロゴマーク型のシールは赤色ではなく、通常と同じく、白色でした。

今回の (PRODUCT)RED Special Editionは、見る角度や光の当たり具合によって見え方が変化します。画像でその質感をお伝えするのが難しいので、フラッシュの有無や角度の変化を交えてご覧いただきたいと思います。

 

左右の側面も見事な赤色で全体の一体感があります。

 

下部のLightning接続部は赤色ではなく、銀色となっています。

 

一方で、SIMトレーは赤色になっています。

iPhone 7とはどう違う?

 

iPhone 7・iPhone 7 Plusの「(PRODUCT)RED Special Edition」では、前面が白色でした。今回のiPhone 8iPhone8 Plusの「(PRODUCT)RED Special Edition」は前面が黒色となっています。人によって好みはわかれると思いますが、「前面は黒色の方が良い」という方には待望のモデルとなりました。

また、iPhone 8iPhone8 Plusでは裏面がガラス素材になったこともあってか、iPhone 7・iPhone 7 Plusとは違った質感となっています。

まとめ

いかがでしたか?今回は、iPhone 8iPhone8 Plusの新色、「(PRODUCT)RED Special Edition」について画像を交えて徹底レビューしました。

今回の「(PRODUCT)RED Special Edition」は、見る角度や光の当たり具合によって見え方・感じ方が異なってくるという意味で非常に楽しめる色となっています。しかし、全体的に高級感・重厚感のある色合いであり、「派手な赤」ではなく、いわゆる「バーガンディ」や「ワインレッド」といった色合いに近い、深みのある赤です

見る角度や光の当たり具合によって見え方・感じ方が異なってくるため、様々なメディアでその雰囲気を確認したり、直接、お店に出向いて確認されることをオススメします!

コメント