YouTubeチャンネルはこちら

【FUJIWifi vs iVideo】結論:ソフトバンクのさじ加減

FUJIWifi
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、けいすけです。

FUJIWifiとiVideo、一体どちらが安いの?コスパ高いのはどっち?どっちがより大容量使えるの?

実際にポケットWifiをレンタルして、使うかどうか検討されている方は気になるところだと思います。

僕自身も2年以上前にFUJIWifiを契約したのですが、その時に色々、悩みました。

実際にFUJIWifiを使ってみて、と同時に、そのほかのサービスと比較する記事を書くことで、レンタルWifiサービスについて詳しくなりました。

FUJIWifiを2年以上使ってみてのレビュー記事はこちらです。

FUJIWifiは確かに快適ですが、一番オススメかどうかはわかりません
僕はFUJIWifiのポケットWiFiをレンタルしてから、2年以上が経ったのですが、確かに便利でした。ですが、一番おすすめかと聞かれると、わからないというかわかりようがありません。その真意について、WiFiレンタルの仕組みの説明を交えながら解説しました。

その上で、FUJIWifiとiVideoどちらがおすすめかというと、「その時のソフトバンクのさじ加減による」というのが結論になりました。

これはソフトバンクの回線を利用しているレンタルWifiサービス全てに言えることだと思います。

おそらく、FUJIWifiとiVideoのサービス内容の詳細を解説するよりも、先にレンタルWifiサービスの中身を知ってもらうことが自分に合ったポケットWifiを選ぶことができると思ったので、今回はFUJIWifi,iVideo含むレンタルWifiサービスについて、解説していきます。

スポンサーリンク

FUJIWifiとiVideoの回線元はソフトバンク

FUJIWifiとiVideoはソフトバンクの回線を借りています。

つまり、FUJIWifiとiVideoはソフトバンクからある一定の通信量(データ量)を直接、分け与えられているということです。

キャリアの帯域を直接使っているので、通信速度はMVNOよりも速い速度を計測できます。

これは、レンタルWifiの強みの中の一つです。

ですが、FUJIWifiやiVideoはソフトバンクから通信量(帯域)を借りている立場なので、FUJIWifi自らが通信量を操作することができません。

なので、異常な通信量を使うユーザーがいれば、回線元のソフトバンクの判断により制限されることがあるのです。

あくまで、回線元のソフトバンクが速度制限するか否か判断をしているということで、FUJIWifiやiVideoはその指令に逆らうことができません。

僕自身、一度だけ速度制限されたことがあるのですが、その際に、メールで「回線元より低速化実施のご連絡があったから、速度制限しました。」との報告メールが来ました。

その他にも、FUJIWifiの運営側にも直接、「無制限プランを利用しているのですが、月に300GBの通信量を使うと速度制限されますか?」聞いたこともあります。

返ってきた答えをまとめると、速度制限は回線元のソフトバンクが判断しているからわからないという内容でした。

ソフトバンクのさじ加減でレンタルWifiサービスの質が決まってくる

レンタルWifiサービスの質はソフトバンクのさじ加減によって決まってきます。

レンタルWifiサービスであるあるなのですが、その一つに月額料金の値上げというものがあります。

実際に、FUJIWifi、iVideoも月額料金の値上げにも踏み切りました。

サービス開始は値段を安くすることで利用ユーザーが集まるのですが、ユーザーが増えると同時に、全体の通信量も増えていきます。

そうなると、ソフトバンクは困るわけです。

ソフトバンクの契約ユーザーの通信量の分まで、奪われるとソフトバンクのサービス自体の質が落ちることになります。

だから、ソフトバンクが判断を下して、速度制限をするのですが、レンタルWifi運営側はそれを改善したいので、料金の値上げを実施します。

これは、ユーザーを制限することで、ユーザーに対してサービスの質を保ちたいからですね。

月に300GBのデータ量のサービスを打ち出す→ユーザーが増える→全体の通信量上がる→速度制限→サービスの質を保つために料金の値上げを実施 

という流れがどこのレンタルWifiサービスでも起こるあるあるなのです。

何を決め手にポケットWifiを使うのか?

何度も言うようにレンタルWifiのサービスの質のほとんどはソフトバンクによって決まります。

だから、何を決め手にポケットWifiをレンタルするというのが重要になってきます。

とにかく、値段が安いポケットWifiが使いたいというのであれば、レンタルWifiサービスを始めたばかりの業者だと安いです。

ですが、値段が安いので、利用ユーザーも増えてきます。(200GB使えて、月額料金が1000円の会社Aと4000円の会社Bだと、会社Aを契約しますよね)

そして、先ほども述べたように、ソフトバンクから速度制限されるので、料金の値上げ。

ということを踏まえると、月額料金の高いものは比較的に、サービスの質が安定しています。

具体的に言うと、より大容量利用できるということです。

「月額料金が高い=大容量利用できる」と思ってもらっても大丈夫だと思います。

と言っても、レンタルWifiは契約という形をとらないために解約金が発生しません。

それを逆手にとって、料金値上げが行われたら別のサービスに移るという使い方もアリだと思います。(僕は邪魔くさいので、しませんが(笑))

最後に

レンタルWifiサービスの詳細を見ていくよりも、レンタルWifiサービスの全体の仕組みを理解してもらった方が自分に合ったポケットWifiを使えると思ったので、今回はこうして記事にして書いてみました。

FUJIWifiとiVideo、どっちがお得かと聞かれると、その時のソフトバンクのさじ加減によって決まります。

例えば、現時点ではiVideoが大容量使えたとしても、ソフトバンクに速度制限されたら、サービスの質が落ちてくるので何とも言えないのが実情だと思います。。

そうは言っても、レンタルWifiというサービス自体はデメリットよりもメリットの方が多いです。

後、なんと言ってもポケットwifiを持っていると、どこに行っていてもネットに繋がるのが便利なんですよね。

レンタルwifiを検討されている方は、自分が月にどのくらいのデータ量を使うのか、どのルーターを使うのか調べてみて、それに合ったプランを選択することをオススメします。

それでは!

プロフィール
keisuke

当ブログ(けいすけの赤裸々日記)の運営や自身のYouTubeチャンネル(けいすけ日記)での発信などネットで色んな活動をしています。27歳。3浪の末、大学進学➡大学卒業するも就職できず、フリーターに➡日雇いなどして、何とか生存中。➡転職活動をするも、上手くいかず⇦今ココ。…と失敗だらけの人生ではありますが、楽しく生きています。趣味はテニス,スポーツ観戦,ガジェット。

keisukeをフォローする
FUJIWifi
スポンサーリンク
けいすけの赤裸々日記

コメント