YouTubeチャンネルはこちら

Apple Watchでできる便利機能5つをご紹介!

ガジェット
この記事は約4分で読めます。

みなさんはスマートウォッチを使っていますか?
現在ではたくさんのスマートウォッチが発売され、デザイン・機能面も様々です。
そんなスマートウォッチの中でも筆者は日々、Apple Watchを使用しています。
今回は、数あるスマートウオッチの中からApple Watchでできることをご紹介します。

Apple Watchを使えば、「日々の生活に利便性をプラス」することができます!
例えば、iPhoneの通知を確認するのにバッグからiPhone本体を取り出す必要がなくなり、
時短に繋がります。

今回は、このように Apple Watchがもたらす「プラスの利便性」をご紹介していきます。

スポンサーリンク

スマートウォッチってなに?

 

スマートウォッチとは、ウェアラブル端末のなかでも時計機能のついたものを言います。

ウェアラブルコンピュータ(wearable computer)とは、身につけて持ち歩くことができるコンピュータのこと。ラップトップやスマートフォンなど単に持ち運べるコンピュータとは異なり、主に衣服状や腕時計状で身につけたまま使えるものを指す。 ウェアラブルデバイス、ウェアラブル端末と呼ぶこともある。腕時計型、眼鏡型、指輪型、靴型、懐中型、ペンダント型など様々なタイプのものがある。

出典:Wikipedia

このようにウェアラブル端末には様々なものがありますが、そのなかでもスマートウォッチは腕時計型のため、日常的に使用することが可能です。

スマートウォッチは通常の腕時計機能に加えて、スマートフォンとの連携などが特徴で、スマートフォンに届いた通知をスマートウォッチの方にも通知させたり、スマートウォッチを使って通話を行ったりすることができます。

AppleやASUS、モトローラ・モビリティ、LGエレクトロニクスなど様々なメーカーがスマートウォッチを発売しています。

Apple Watchってなに?

 

Apple WatchはAppleが発売するスマートウォッチです。
同じく同社が発売するスマートフォンであるiPhoneと連携することで、様々な機能を腕の上で利用することができます。

次の項目から、Apple Watchでできることの一例を見ていきましょう。

Apple Watchでできること

Apple Pay

Apple WatchではApple Payを利用することができます。

最新のモデルでは、FeliCa(日本の電子マネーなどで多く使用されている技術のこと)にも対応し、国内でApple Payが利用できます。

プラスチックタイプのカードやiPhoneを取り出すことなく、レジの前や改札で腕をかざすだけで支払いが終了するのでとても便利です。

 

Apple WatchでのApple Payについてはこちらの記事もご覧ください。

Apple Watch Series 2をレビュー!1年以上使ってみてわかったこと
2016年9月に発売された、「Apple Watch Series 2」。今回はApple Watch Series 2を1年以上使ってみた筆者がレビューをして、初代Apple Watchとの違い・進化を徹底的にご紹介します!

 

スポーツ

GPSが内蔵されたモデルでは、ワークアウトの距離やルートを記録できます。

また、Apple Watch Series 3は泳げる程度の耐水性能があるのでプールでもワークアウトを記録することができます。

ほかにも山を登っているときには高度計で高度を記録することができます。

 

このように、ランニングやサイクリング、水泳、登山、など様々なスポーツの記録をとることができると同時に、スポーツ中に聴きたい音楽を再生することもできます。

 

通知

Apple WatchではiPhoneに届く通知を腕で確認することができます。
通知の際には、腕をポンっと軽くタップするような振動がきます
これによって、通知を逃すといった心配がありません。

また、対応アプリケーションでは通知から返信などのアクションを起こすことができます。

 

通話

iPhoneへの着信をApple Watchで受けることができるほか、Apple Watchから発信することもできます。これは、手が塞がっているときなどに便利です。

また、「GPS + Cellularモデル」なら iPhoneが近くになくても携帯電話通信を行うことができるので、iPhoneを持たずにお散歩に行くことも可能です。

 

経路案内

マップアプリが経路案内に対応しています。

右左折のタイミングで腕を軽くタップしてくれます。また、右折時と左折時でタップの仕方が異なるのでこれに慣れてしまえば、Apple Watchの画面すら見ないでも目的に到着することができます!

まとめ

いかがでしたか?今回はApple Watchでできることをご紹介しました。
Apple Watchで日々の生活をさらに便利で豊かなものにしてみてはいかがでしょうか。

これから購入される方にはApple Watch単独でも使用できることの幅が広がる「GPS+Cellularモデル」をおすすめします。

コメント