プロフィールはこちら

iPhoneXを裸使用する筆者がケースと裸の良いところを徹底解説!

ガジェット
この記事は約4分で読めます。

2017年の秋に発売されたiPhoneの最新シリーズ、iPhone X。ディスプレイの周りの縁(ベゼル)が極細になり、デザインもこれまでのiPhoneに比べて真新しいものとなりました。
デザインが一新されたiPhone Xをケースを着けて使うか、着けずに裸で使うかを迷っている方もいるでしょう。そんなあなたへ、ケース着用、裸使用の両方を経験した筆者が率直にレビューします!

スポンサーリンク

手帳型ケースを使うなら公式商品がオススメ!

出典: Apple

スマートフォンを裸で使うなんて考えたこともない!ケースを買って使っている!という方もいるでしょう。中でも最近よく見るのが、いわゆる手帳型ケースです。iPhone Xも発売から5ヶ月が経過し、様々な手帳型ケースが発売されています。
その中でも筆者がオススメするのが、Appleが公式に発売している、「iPhone Xレザーフォリオ」です。

何故ならば、この公式手帳型ケースには磁石が組み込まれており、手帳を開くとiPhone Xのセンサーと連動して、スリープ状態から復帰するのです!
もちろん、手帳を閉じれば即、スリープ状態になるので、iPhoneから手を離す時に一々、サイドボタンを押して、スリープさせる必要がありません!
この利便性は思わずやみつきになります。無駄にケースを開いたり閉じたりしてしまいます。(笑)

裸で使って落としたり、傷つけるのが怖いという方は、手帳型ケースも良いでしょう。画面を保護することもできます!

 

「結論」 →手帳型ケースは公式の物を使って、iPhone Xの隠れた機能を使いこなそう!

指が届かない人は指リング付ケースがオススメ!

これまでのシリーズのiPhoneと比べても画面が大きい、iPhone X。ただでさえ片手持ちした時に指が画面の端まで届かない!のに、ケースを着けて厚みが出ると、非常に辛い。。。そんな人にオススメしたいのが、指リング(フィンガーリング)付のケースです。

こちらは、Apple公式からは発売されていませんが、各社が様々なバリエーションを発売しているので、家電量販店のスマホケース売り場で見たことがある方もいるかもしれません。

この指リング付のケースのポイントはなんと言っても、指をリングにかけることで、スマホ本体を落とすことなく、画面の端まで指を届けることができることです!

ケースをつけない裸状態に比べれば、本体+ケースの分、厚みは出てしまいますが、リングがある分、片手操作の安定性は抜群です!

 

「結論」 →手帳型は嫌だけど、画面の端まで指が届かないのをどうにかしたい!という人は指リング付のケースを選ぼう!

 

オシャレなディスプレイを映えさせるには裸がオススメ!

iPhone XはこれまでのiPhoneと異なり、画面の縁(ベゼル)が非常に細くなっています
そのため、背面のガラスと合わせて全体のデザインが非常にオシャレになっています。

ケースを着けることで、そのオシャレなデザインを損なってしまう!私は裸で使う!という方もいます。
また、ケースを着けると少なからず画面の周りに縁が出来てしまうので、折角の細ベゼルが台無しです。手のひらの中に画面が浮かんでいるような体感が得られるのは、ケース無しの裸使いだけです!

 

「結論」 →iPhone XやAppleのデザインを最大限、堪能したいなら裸に決まり!

 

結局、裸とケース着用、どっちがいい?

では、結局のところ、iPhone Xを使うには裸で使うのが良いのか、ケースを着けて使うのが良いのか、どちらでしょうか。

「結論」から言うと、人それぞれに相性があると思います。
これまで書いてきたように、

よく落とす・傷つけたくない!という人 →Apple公式レザーフォリオ
手帳型は嫌だけど、指が届かない!という人 →指リング付ケース
オシャレなデザインを活かしたい!という人 →裸で使う

のがオススメです。

 

最後に

いかがでしたか?今回は、「iPhone X」にケースを着用すべきか、裸で使うのが良いか、を検討しました!
iPhoneはケースの種類も豊富で、オシャレアイテムの一部と化している人も少なくありません。自分にとっての使い勝手とオシャレの比重をよく考えて、今回の記事を参考にしてみてください!

コメント