YouTubeチャンネルはこちら

最後の人間らしい時代だと思って、YouTubeを始めたわけですが、僕は小学生レベルだった…

youtube 小学生レベル LIFE
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、けいすけです。

僕は、先月からYouTubeを始めました。

そもそも、僕がYouTubeを始めるきっかけとなったのが、転職活動でのつまずきです。

「どこの企業に応募しても、書類審査すら通らない…一体、どうしたらいいんだ…」

色々悩んだ挙句、SNSで自分のプロフィールを公開し、「転職活動しています!」とアピールすれば、どこかの会社からオファーが必ず来ると思ったので、その一環として、YouTubeを始めたというのも一つあるのですが、実はそれだけではありません。

今回は、僕がYouTubeチャンネルを開設するに至った詳しい経緯と、実際にやってからの心境の変化について赤裸々に書いていこうと思います。

スポンサーリンク

今が最後の人間らしい時代だと思ったのでYouTubeを始めました

平成が満ちて、令和が始まるここ数カ月の間、「令和になると、どう社会が変わっていくのかな?」と考えていました。

考えれば考えるほど人工知能(AI)の進歩がより凄まじくなると思ったんですね。

それで最近は、AIに関する本や意識科学という分野に興味を持ち、その分野に関する本を読んだり、話を聞きに行ったりする中でわかったことがあるのですが、AIはartificial intelligenceという略なのですが、これは違うと。

知能(intelligence)ではなくて順列組合せである。(数学の確率で習いましたよね)

AIは知能を持っているのではなく、順列組合せに基づいて行動しているということなんです。

それが本当であれば、順列組合せに従った職業って全てAIに置き換わります。

例えば、配送の仕事も配送システムがパターン化されていると思うのですが、これは順列組合せですよね。

これは配送以外にもほとんど全ての職業が順列組み合わせに基づいた仕事だとも言えます。

小説家というクリエイティブな職業でさえも、AIが書いた小説も登場しており、人間が書いたものと遜色のないレベルのクオリティに達しています。

つまり、小説家という職業もAIに置き換わるということです。

と考えていくと、一体、どんな職業が残るのか疑問に思いました。

そして、ここ10年で電子デバイスがどんどん小型化してきたのですが、これからの10年でデバイスが目には見えないナノサイズレベルの小型化(ナノテクノロジー)が進んでいき、やがて人の体にナノボットというAIが搭載されるようになるともいわれています。

つまり、人というアナログなものに、AIというデジタルが融合するようになるということです。

AIが人の体に融合されると、それは果たして人間と言えるのでしょうか?

外見は人間であっても、中身は人間ではありませんよね。やがて、サイボーグのような人ならざる存在が世界を占める。

となっていくと、こうした人間らしい時代ってもう残り少ないのではないのかなと考えたんですよね。

最後の人間らしい時代だからこそ、新しいことに挑戦して、行動していこうと思った次第です。

ちょうどその時、僕自身の転職活動も上手くいっておらず(今も上手くいっていません)、

「こうなったら、自分をSNSを打ち出してみて勝負してみよう」

と思い、YouTubeもその一環としてスタートしました。

YouTubeを始めたら、自分は小学生レベルだとわかりました。

ここまで、カッコいい言葉を並べて書いたのですが、いざYouTubeを始めてみると、自分の能力の無さに愕然としました。

「どう伝えたらいいのかわからない…」

頭の中では何を話して、話の展開を考えることができるのですが、録音を始めると、何から話そうとてんやわんやになり、上手に話せません。

これは、今でも変わりません。

話は変わるのですが、僕は毎日、カジサックチャンネルが好きで、動画を見ているのですよね。

そこで、カジサックさんの子供のとうじくんとカンちゃんが二人だけで食レポに挑戦していたのですが、二人とも喋りがわかりやすいし、聞き取りやすいし、まとまっているし。。

二人とも小学生ですよ。僕なんかよりもはるかに上手なわけですよ。

結構、ショックな出来事でした。僕はまだまだだな…

でも、だからこそ「YouTubeは続けて行かないとな。」と思っていて、ここで自分のクオリティーの低さから断念すると、結局、何も成長することなく終わります。

でも、これからもYouTubeを続けて行けば、少しでも成長していく可能性はあると思っていて、自分の駄目なところを見つめ直して、改善していけば、それって良くなる方向に進むのかと。

もし、YouTubeを最後の最後まで続けて、その結果、上手くいかなかったとしても、全く後悔しないと思うんですよね。

最後まで挑戦した結果なので、それはもう仕方がないで済ませられると。

でも、中途半端なところで諦めると、後悔しか残らないと思うんですよ。

「あの時、続けていればよかったな…」とか「何で、あそこで辞めてしまったんだろう…」

だから、現時点では、人様に見せられないようなクオリティーなのですが、少しでも成長できるようにこれからもYouTube,そしてブログの方も続けて行こうと思います。

それでは。

プロフィール
keisuke

当ブログ(けいすけの赤裸々日記)の運営や自身のYouTubeチャンネル(けいすけ日記)での発信などネットで色んな活動をしています。27歳。3浪の末、大学進学➡大学卒業するも就職できず、フリーターに➡日雇いなどして、何とか生存中。➡転職活動をするも、上手くいかず⇦今ココ。…と失敗だらけの人生ではありますが、楽しく生きています。趣味はテニス,スポーツ観戦,ガジェット。

keisukeをフォローする
LIFE
スポンサーリンク
けいすけの赤裸々日記

コメント